allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

サボテン・ブラザース(1986)

!THREE AMIGOS!

メディア映画
上映時間105分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1987/04/11
ジャンルコメディ/西部劇
サボテン・ブラザース [DVD]
参考価格:¥ 1,533
価格:¥ 973
USED価格:¥ 782
amazon.co.jpへ

【解説】
 ハリウッドをクビになった芸人トリオ“スリー・アミーゴーズ”が、ショウ出演と勘違いして、山賊に苦しめられているメキシコの村へやって来る。だが、そこで三人を待ち受けていた仕事とは、本物の山賊退治だった。マーティン、チェイス、ショートの主演トリオの妙も楽しい、コメディ・ウェスタンの快作。西部劇のパロディ・シーンを始め、ギャグも盛沢山で、J・ランディスの肩の力を抜いた演出ぶりも堪能できる。
 20世紀初頭のメキシコ。悪党一味に苦しめられている村の娘カルメンは、村人を悪党から守る3人組“サボテン・ブラザース”の活躍を描いた映画を見て彼らが実在すると思い込み、ハリウッドへ救いの電報を送る。一方その頃、サボテン・ブラザースを演じるラッキー、ダスティ、ネッドの3人はスタジオからクビを宣告されていた。そこへ例の電報を受けた3人は、新作の撮影と勘違いしたままカルメンの村へ向かう。やがて、彼らは悪党一味と相まみえてからようやく事の次第に気付き、逃げ回ることに。そんな中、村は一味の襲撃を受け、カルメンがさらわれてしまうのだが…。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1289 7.42
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-06-28 23:49:29
ダメだ。 ぜんぜん笑えねー。
投稿者:クリモフ投稿日:2011-10-31 23:31:27
ジョン・ランディス監督、スティーブ・マーチン、チェビー・チェイス、マーティン・ショートと何か磐石な布陣。冒頭のメキシコの片田舎、映画のスリーアミーゴズを見て悪者退治を依頼するという設定である程度の見通しがついてしまいますが、そのハードルを飛び越える出来に驚きました。序盤はアメリカの笑いの感覚とのズレに「ちょっとヤバイかも」と思わせといて、スリーアミーゴズがメキシコで到着したら、爆笑の連続。
あほをまじめにやる馬鹿馬鹿しさがそれ以降全編にちりばめられています。しかも意味のない超現実的なカットをはさんできたり、かなりシュールな場面もあり。危険な香りさえもします(笑)典型的なメキシコの悪者やらアクセントのドイツの刺客も馬鹿でよい。
そんなにふざけているのに最後は映画ならでは後味のよさでスカッと終わるというのが、また憎いです。ぐっちゃぐっちゃでもしっかり、しめるところはしめるランディスの手腕に脱帽でありました
投稿者:遊乃舞寧夢投稿日:2011-03-28 04:53:22
内容的にはいかにもアメリカ好みのオールドファッションでストレート
なギャグの連発で好みは分かれそうですね。

私がこの作品で一番気を惹かれたのは音楽でした。

なんと「荒野の七人」のエルマー・バーンステインその人が、その
パロディーとも言えるこの作品で音楽を担当してるあたり、シャレが
効いてます。

さらに贅沢なことには挿入歌に関してはランディー・ニューマンが担当。

わざと見え見えの書き割背景の砂漠での野宿のシーン。
主役三人が歌う Blue shadow はとてもロマンティックな名曲。
流れ星や動物たちも登場してファンタジー溢れるシーンになっています。

このシーンだけでも一見の価値はありました。
ランディー・ニューマンの名前は脚本にも連なってますが、これは
はたして??
投稿者:scissors投稿日:2010-10-23 00:57:58
正直に言います。
つまらなかった。
投稿者:gapper投稿日:2010-06-08 22:38:17
 ジョン・ランディスのコメディ。

 ジョン・ランディスというと「ケンタッキー・フライド・ムービー (1977)」、「アニマル・ハウス (1978)」、「ブルース・ブラザース (1980)」だが、そういったハチャメチャな雰囲気はない。
 タイトルや野宿のときのアニメのような背景との合成など、随分と洗練されている感じを受ける。
 だが、技術的に高くなった分面白いかと言うとむしろそうではない。

 ドロシー・ギッシュを持ち出しているところなど、過去の作品を気にして上級の雰囲気を出そうとしているように見えてしまう。
 実際、随分と洗練はされている。
 コメディ主体の俳優でなく「ハリーの災難」のように普通の俳優が演じていれば、本当の上質なコメディ作品になっていただろう。
投稿者:花男投稿日:2009-01-19 15:12:49
見るとハッピーな気分になる映画です。

話としてかなりバカバカしいし、笑いの部分もこの手は趣味じゃないのでニヤリとする程度(他のアメリカのコメディよりは数倍マシですが)、でもこの3人のキャラクターが非常に魅力的で、何のことはない3人ともナリは大人なんですがただの子供なんですね。一言でいえば3バカものなんですが、3人の無邪気さ、純粋さが強調されており、屈託なく落ち込んだり奮起したりする姿はほほえましい限りです。

またストーリー運びのテンポもすばらしいですね。特に前半、現実をショーと勘違いしている3人というシチュエーションのおもしろさを十分に堪能させてくれます。音楽もいい感じで映画の魅力を際立たせています。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-06-05 00:38:33
あまりマーティン・ローレンスの笑いって得意じゃないんだけど、これは楽しく鑑賞できました。

あっちもこっちも早とちりで始まる騒動が何とも愉快。
ストーリーはベタだし、笑いの種類もコテコテなんだけどスリーアミーゴズのめでたさが微笑ましいんです。
まず、衣装が場違いだし完全アウェーな状態で歌いだすしマヌケで弱っちいのに馬に乗る姿は一丁前だし・・・と浮きまくりなのが面白い。
何だかんだ言いつつ、この3人がイイひとなのも温かみがあってGOOD
まさに愛すべきトリオでした。
個人的には、チェヴィー・チェイスが良かったかな。

くだらないんだけど、意外と丁寧に作られている感じも好印象♪
もちろん笑いのセンスは人それぞれですから合わない人もいるでしょうが、濃いキャストにシンプルなストーリーや脱力する演出に合った音楽などバランスの取れた作品だと私は思いました。
投稿者:irony投稿日:2008-01-08 13:38:19
 個人的には ツボには入らず 残念…。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2007-11-25 11:13:18
個人的には面白かったですが、
ベタベタな笑いなので全く面白くないと言う人も少ないないかと。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-03-12 19:18:53
大好きな映画です!何度見ても楽しめます!特にお気に入りのシーンは野宿をアミーゴ3人がする時に3人で歌う所のシーンです。3人とも本当に歌がうまくてビックリ!動物たちも続々と登場して可愛らしかったです。もちろん酒場で歌とダンスを披露する所も最高です!この映画はコメディ映画の名作だと思います!
投稿者:しぶり投稿日:2005-08-19 13:45:22
自分のまわりにはファンがいっぱいです。
どこに魅力があるんだろう。不思議な作品です。
投稿者:bond投稿日:2005-05-20 00:22:49
ノッテル役者3人のコラボ。ストレートなコメディ。いいね。
投稿者:ぼう投稿日:2003-10-31 09:55:53
3人がかわいくて笑えるシーンがいっぱい!
大好きな映画です☆
投稿者:ASH投稿日:2003-06-01 01:05:46
【ネタバレ注意】

 「バグズ・ライフ」や「ギャラクシー・クエスト」と同系列の、英雄に間違えられたへっぽこ集団の奮闘記。J・ランディス監督作はどれも大好きなので大目に見ちゃうが、ギャグのノリについて行けないと楽しめない映画だと思う。相変わらずお調子もの演技全開のC・チェイスがお気に入りだけど、何故かS・マーティンに隠れて見せ場が意外と少ないような…(まぁ、マーティンが製作・脚本だから)。いかにもな書割のセットをバックに焚き火を囲んで3人が歌うシーンが何故か好き(馬のコーラスも!)。

 しかし、ランディス監督作では「ブルブラ」は別としてこの映画が日本で最も人気がある理由がよくわからないなぁ。みうらじゅんが広めたんだろて。

投稿者:トレマー図投稿日:2003-04-12 02:42:32
わりと面白いけどランディスはやっぱりブルースブラザーズでしょ。
投稿者:文月投稿日:2003-03-29 10:23:33
もぉ、この三人のかわいい事っていったら、たまりません!
ギャグもサイコ〜!いちいちツボにはまってのけぞってました。
初めて観てから15年以上経つけど未だに私の中ではコメディベスト3に入ってます。スティーブ・マーティンの「間」が好き〜〜っ!トムとジェリーのトムさんが人間になったらこんな感じ?
投稿者:Luckyday投稿日:2003-01-16 10:22:29
この手の作品は通常、全く心に残らないのですが『Three Amigos』は見事にその期待を裏切りますよね。随所にうまくスパイスが効いてるし、音楽的にも良くできています。初めて見てからもう10年以上もたちますが、半年に1回は繰り返し見てしまう「クセになる」作品ですよね。サタデーナイトライブ通で英語ができたらもっと面白いんだろな…。DVDがあってホント良かった。
投稿者:shinjuan投稿日:2002-10-17 11:56:31
渋谷の東急文化会館で観たのですが、あまりの面白さに友人を連れて再び行ったところもう既に終了とのこと。一週間も上映してなかったのでは・・・?こんな偉大な作品が・・・。「グレート・ブルー」も「ブレードランナー」もかなり短かったけど・・・。こんな作品ですが、やはり大画面は威力あるんです!
投稿者:スパンドゥ投稿日:2002-10-17 01:04:16
昔何かの同時上映で見て以来、ずっと好きですね。特に前半(後半はちょっとダレテしまう)。チェヴィー・チェイスの顔見るだけでおかしい。「ウイアー スリーアミーゴ」の振りを友達と真似してよく笑ったものです。以前「引越しのさかい」のCMでパロってた「さかいでアミーゴ」のあの振りです。
投稿者:Carol投稿日:2002-09-16 16:52:02
高校のときに何回かレンタルして見て、この映画が全然
メジャーにならなくて、今に至ってしまった…。
けど、三者三様見事なエンターテイナーぶりで、
あまりにバカらしいことを真剣に演じている面が好き。
心の広い人しか笑えないだろうけどね(^O^;;;;http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Screen/3011/
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-03-15 21:47:38
何か「荒野の7人」をパロッたようなドタバタウェスタンコメディー。短い時間にテンポよくまとめているので、軽い感じで楽しむことが出来る。ただし、ギャグはコテコテな物ばかりなだけに、笑いのツボに入らないと退屈な作品で終わってしまうのは仕方がないところ。
投稿者:るるる投稿日:2001-09-29 02:07:32
かなりシュールなギャグがてんこもりで楽しい楽しい。ウマ歌うなー!
演じてる人、作ってる人がほんとゲラゲラ笑いながら楽しんで作ってるような気がする。そうでないと見てるほうもぜんぜん楽しくないよね。
投稿者:出木杉英才投稿日:2000-10-21 22:53:41
西部劇の時代って、日本ではどの時代にあたるのか良く分らなかったが、色々な映画を見ていくと今世紀に入ってからの物も多い。そう考えるとアメリカの歴史の薄さを感じてしまう。
【レンタル】
 【DVD】サボテン・ブラザースレンタル有り
 【VIDEO】サボテン・ブラザースレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION