allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アデラ/ニック・カーター、プラハの対決(1977)

ADELA HAD NO SUPPER YET

メディア映画
上映時間106分
製作国チェコスロヴァキア
公開情報劇場公開(スタジオ200)
初公開年月1983/05/
ジャンルファンタジー
チェコ怪奇骨董幻想箱 vol.2 リプスキーBOX [DVD]
参考価格:¥ 15,552
USED価格:¥ 21,792
amazon.co.jpへ

【解説】
 英題は“アデラの夕食はまだ”。アデラとはすなわち食人植物のこと。そいつが人間として魔都プラハに現れ巻き起こす怪事件に、探偵ニック・カーター(今世紀初め世界中で人気があったアメリカのパルプマガジン・ヒーロー)が挑む。なぜそんな化け物が生まれたかと言えば、ある犯罪王の執念からなのだが、その辺は秘密ということにしておきましょう。とにかく、連続活劇のヒーローが主人公なんだから、スピーディかつキッチュなドタバタが繰り広げられ、カレル・ゼーマンを想起させるプリミティヴなSFXも楽しい限り。同じような、古いアメリカ映画の憧景に満ちた快作「レモネード・ジョー」を撮ったリプスキーの傑作ファンタジー。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Bava44投稿日:2010-01-30 08:14:18
これを観ると『ファントマ』が007やバットマンの前身であることがよくわかる。パルプ・マガジンの感覚をそのまま映画化している。

敵の男爵の犯罪の動機が馬鹿すぎて、泣けた。バイキンマンみたい。
【ソフト】
【レンタル】
 【VIDEO】アデラ/ニック・カーター、プラハの対決レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION