allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[001]日の名残り
 (無題)ちゃぷりん2017-12-15
 
大人のラブストーリー。
  
 
[002]スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン
 2012年時点のアニメの力量、最高到達点HABBY2017-12-15
 【ネタバレ注意】
アニメ版。良くできてるけど、実写には勝てないかなあ。対戦シーンとか、最新のゲーム機でホラーやアクション作品をプレイしているような錯覚に陥る。女性のヌードシーンをフィ・・・
続きを読む
アニメ版。良くできてるけど、実写には勝てないかなあ。対戦シーンとか、最新のゲーム機でホラーやアクション作品をプレイしているような錯覚に陥る。女性のヌードシーンをフィーチャーするお約束は本作でも健在。
隠す
  
 
[003]マーズ・オデッセイ
 暇つぶしにはなるbond2017-12-14
 
アサイラム?いつものパターン。
  
 
[004]ファルコン イタリア警察特殊部隊
 撃ち合いHABBY2017-12-14
 【ネタバレ注意】
特にこれといった見せ場のないポリスアクション作品。類似作を何本も観てるのでね。何かこれといった新味を入れてくれないと。
  
 
[005]スタンドオフ
 ローンウルフHABBY2017-12-14
 【ネタバレ注意】
一匹オオカミどおしの決斗。ローレンス・フィッシュバーンとトーマス・ジェーンの迫力、オーラに依る部分が大きい。少女を介在させたのは『レオン』の成功体験に影響されたか。・・・
続きを読む
一匹オオカミどおしの決斗。ローレンス・フィッシュバーンとトーマス・ジェーンの迫力、オーラに依る部分が大きい。少女を介在させたのは『レオン』の成功体験に影響されたか。残念ながらこの少女からはナタリー・ポートマンほどの才能は感じられなかった。
隠す
  
 
[006]ノスタルジア
 タル監督映画を見て物を言う2017-12-14
 
ノルスタジー?…えっ?ノスタルジー?…なんて、良く思ったけど…。 面白い映画だったよ。でも結局よくわからない部分は多いねー…。あと主人公がすごくイケメン。 世界の救済か・・・
続きを読む
ノルスタジー?…えっ?ノスタルジー?…なんて、良く思ったけど…。 面白い映画だったよ。でも結局よくわからない部分は多いねー…。あと主人公がすごくイケメン。 世界の救済か…。狂人は大きなことを考えたがる。でも誰が狂人なんだろう?うーん……おそらく―……人類全員じゃないかなー。
隠す
  
 
[007]ぼくは明日、昨日のきみとデートする
 束の間の交わりHABBY2017-12-14
 【ネタバレ注意】
パラレルワールド話。互いの時間の進む方向が逆というのが味噌。福士蒼汰、小松菜奈とも初々しい若者を熱演。小松菜奈はこれまで男に引っ張られる役が多かったと思うけど、本作・・・
続きを読む
パラレルワールド話。互いの時間の進む方向が逆というのが味噌。福士蒼汰、小松菜奈とも初々しい若者を熱演。小松菜奈はこれまで男に引っ張られる役が多かったと思うけど、本作では逆に恋人をぐいぐい引っ張る。そこも見どころの一つ。ある意味、『君の名は。』に比肩しうる純愛ドラマだと思う。
隠す
  
 
[008]スターシップ・トゥルーパーズ3
 戦うとはHABBY2017-12-14
 【ネタバレ注意】
第三弾。映像効果の進化に加え、兵士となって戦場へ向かう行動を鼓舞する動きがわかりやすく(狂信的に)描かれていて、こういう世界が実際に到来することの恐ろしさを実感させ・・・
続きを読む
第三弾。映像効果の進化に加え、兵士となって戦場へ向かう行動を鼓舞する動きがわかりやすく(狂信的に)描かれていて、こういう世界が実際に到来することの恐ろしさを実感させてくれる。戦争賛美の裏腹にある、反戦ドラマといった体。女優陣の脱ぎっぷりの良さは第1作から共通。こちらの観点からのファンも多いはず(?)。
隠す
  
 
[009]ローマン・エンパイア
 権謀術数に明け暮れるローランド2017-12-14
 
  シーザーにアウグストゥスにアントニゥスと歴史に関心のない者にも馴染みの人物たちが繰り広げる大がかりな戦闘場面のある壮大な歴史ドラマという期待を持って観進んで行く・・・
続きを読む
  シーザーにアウグストゥスにアントニゥスと歴史に関心のない者にも馴染みの人物たちが繰り広げる大がかりな戦闘場面のある壮大な歴史ドラマという期待を持って観進んで行くが、TV放映用に作られた人間ドラマのほうに重き気を置いた作品で画面サイズもあってか狒埖膈瓩箸いΩ斥佞砲歪遠く、シーザーやアウグストゥスの名前にこいつらのせいで2月だけ28日だなんてややこしいことに・・・ と物語とは関係のないことが頭をよぎるくらいなんだけど、アウグストゥスが死に際に犹笋燭舛凌誉犬蝋颪竜樟靴砲覆辰伸瓩噺にする、後世に良さ悪さなど色々な面を語り継がれる歴史的為政者が政略結婚などの権謀術数に明け暮れる様子を描いていて、私しゃ苦手だけどこういった歴史に精通していたら粗も見えてくるが人間ドラマとしての面白さも増すかもしれません。       アウグストゥスを演じるピーター・オトゥールの存在感が作品に重厚さを与えていますが、その妻リヴィアの若かりし頃の役の女優さんが三白眼美人でそれが後年になってからはシャーロット・ランブリングが演じるということで、うむ、なかなか考えたキャスティングだ、どちらも三白眼美人だもんなって微笑んで見ていたのだけど、ピーター・オトゥールの方はというとそんなお歳だったかな?ってくらいに老けていて、調べたらこの映画撮影時はまだ71歳ということでした。 そっかぁ・・・。でも品の良い老け方だし男はこれでいいのかもしれない。     女性が表面だけ見て好意的な関心を持った相手の男の歳を知ってワッどうしようとうろたえるだなんて・・・   男があまり若く見られるのも考えものだもんね。
隠す
  
 
[010]八月の鯨
 お婆さんの乙女心ちゃぷりん2017-12-14
 【ネタバレ注意】
ずっと一緒に居たいんなら自分が妥協(家の窓の拡張)しなきゃね。
  
 
[011]高慢と偏見とゾンビ
 ハイソ、ゾンビと鉢合わせすHABBY2017-12-14
 【ネタバレ注意】
ゾンビものと紳士淑女もののミックスだが、どっちつかずに終わってしまっている。「アクション/ホラー/コメディ」というジャンル設定が示す通りのごった煮ぶり。個人の好みも・・・
続きを読む
ゾンビものと紳士淑女もののミックスだが、どっちつかずに終わってしまっている。「アクション/ホラー/コメディ」というジャンル設定が示す通りのごった煮ぶり。個人の好みもあるだろうが、『ゾンビランド』に比べるとあまり楽しめず。色々なコスプレを披露しているのでリリー・ジェームズファンはチェックしがいがありましょう。
隠す
  
 
[012]ノクターナル・アニマルズ
 裸体Katsumi_Egi (Mail)2017-12-14
 
 複数形になっているが、タイトルロールは誰なのか。直截的には、犯罪者レイ(アーロン・テイラー=ジョンソン)達なのだろう。しかし、レイと対決する、という意味ではトニー・・・
続きを読む
 複数形になっているが、タイトルロールは誰なのか。直截的には、犯罪者レイ(アーロン・テイラー=ジョンソン)達なのだろう。しかし、レイと対決する、という意味ではトニー(ジェイク・ギレンホール)も、ボビー(マイケル・シャノン)もあてはまるし、さらに、レイとの二重性ということでは、スーザン(エイミー・アダムス)こそが、もっとも相応しいかもしれない。「弱い(weak)」というキーワード。スーザンとレイの二人が、大事な場面でエドワード/トニー(ギレンホール)に対して使う言葉なのだ。スーザンはエンディング以上に、小説の中でレイを通じて復讐されたというべきか。  小説の視覚化イメージ、スーザンの現在、スーザンの回想、という三重構造を取る構成だが、やっぱり、この小説部分が、ジム・トンプソンみたいでなかなか面白い。警部補シャノンの造型がキャラクターでは一番の見どころだし、夜のハイウェイでの嫌がらせ行為とチェイスシーンが出色の出来だ。また、小説世界とスーザンの現在とを繋ぐ際に、マッチカットで見せるカッティングがキャッチする。ホテルのバスルームとシャワー。あるいは、赤いソファーの上の母娘の裸体と、彼氏と寝る娘の裸体。  そしてスーザンの回想は、こゝでもイマイチ取ってつけたような感覚が強いのだが、NYの舗道で雪が舞う中の再会のシーンは、アダムスもギレンホールも上手く若く作っていて新鮮な驚きがあり、さらに、続くレストランでの会話シーンの切り返しもいい。また、ワンシーンだけの登場だが、アダムスの母親役ローラ・リニイの貫禄にも唸る。あと、美術館のスタフでジェナ・マローンを見られたのも嬉しかった。彼女の赤ん坊の監視カメラの映像。スマホにレイの舌出しのイメージ処理とスマホのガラス画面の亀裂もキャッチー。
隠す
  
 
[013]エンドレス 繰り返される悪夢
 熱力学第二法則HABBY2017-12-13
 【ネタバレ注意】
タイムループもの。特に新味なく、凡庸(流血シーンが頻出するのはKムービーらしい)。少女役の子のヘッドホン姿が可愛い。
  
 
[014]宇宙からの脱出
 酸素が欲しいbond2017-12-13
 
正に息詰まるサスペンス。後の同系統映画のお手本。
  
 
[015]フェンス
 心の境界線HABBY2017-12-13
 【ネタバレ注意】
黒人差別問題や親子間の確執、夫婦関係などをテーマとする濃厚なセリフ劇。この時代の黒人が物心両面で負っていたハンデのようなものをうまく表現している。舞台作品を映画化し・・・
続きを読む
黒人差別問題や親子間の確執、夫婦関係などをテーマとする濃厚なセリフ劇。この時代の黒人が物心両面で負っていたハンデのようなものをうまく表現している。舞台作品を映画化しただけあって主演2人(ワシントン、デイビス)を中心とする速射砲のような会話も見もの。
隠す
  
 
[016]密偵
 武装独立闘争のスパイアクションちょいQK (Mail)2017-12-13
 【ネタバレ注意】
日本統治下の1920年頃に韓国で実在した武装独立闘争組織「義烈団」を描いたスパイアクション。義烈団のメンバー3人が骨董の仏像を売りに行った屋敷で、大人数の警官隊に包囲さ・・・
続きを読む
日本統治下の1920年頃に韓国で実在した武装独立闘争組織「義烈団」を描いたスパイアクション。義烈団のメンバー3人が骨董の仏像を売りに行った屋敷で、大人数の警官隊に包囲され、逃亡を試みて逮捕されるまでの冒頭が、屋根の上を走る警官たちを俯瞰するシーンを効果的に使ったスピーディな展開でまず惹き込む。  義烈団の団長、チョン・チェサン(イ・ビョンホン)の逮捕を焦る日本警察の東部長(鶴見辰吾)の指令で、部下の韓国人警官イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は義烈団リーダーのキム・ウジン(コン・ユ)に接近する。二人が親しくなるが、義烈団はもともとチョンを協力者にしようと目論んでいたのであり、イ・ジョンチュルは言わば二重スパイの立場となる。職務への忠誠と祖国への思いに板挟みになった警官の葛藤をソン・ガンホが好演しており、彼の心が結局どちら側に付いたことになるのかは終盤まではっきりとはしない。  舞台は韓国の地方都市から上海、そして上海から京城(現ソウル)へ向かう列車、京城とテンポよく移り、特に閉じられた空間である列車内の攻防がサスペンスフルで大いに楽しめる。裏切者を突きとめる手法もなかなか良く出来ている。義烈団が爆弾を運ぶ目的の列車は何とか京城まで着くが、結局、京城駅で見破られて一味は捕まり、その場は逃げおおせたキムも隠れていた山小屋で逮捕される。それぞれの場面で山場と言えるようなアクションが繰り広げられ、意外な理由も付加されて上出来の展開である。義烈団はキムたちが逮捕されてそれで終わるのかと思ったが、そこからもう一段、総督府爆破という結末に向けてイ・ジョンチュルが動き、その成功というところまでを描いているので一種のハッピーエンドである。実際はやがて義烈団も消滅し、日本による統治は日本の敗戦まで続くことになるのではあるが。  イが裁判で述べた言葉の真相も最後で明らかにされ、虐げられた民族の気持ちを鼓舞する形でのカタルシスが得られるものとなっている。韓国で大ヒットしたとのことであるが、日韓対立等を抜きに楽しめる作品である。コン・ユや鶴見辰吾も好演しているが、イの同僚で職務に忠実で偏執的な雰囲気を見せるハシモト役のオム・テグが印象的であった。
隠す
  
 
[017]暗殺
 近くて遠い国における恨文化の投影図HABBY2017-12-13
 【ネタバレ注意】
なかなか重厚なストーリーではあるが、「愛国反日」ムーヴメントの一環として本作が存在していると思うとちょっと複雑な気分になる。近くて遠い、異形なる隣国。
  
 
[018]サンズ・オブ・ザ・デッド
 ステイタミー (Mail)2017-12-13
 
ゾンビパニックに陥った都市から逃れた末に、砂漠に独り取り残された女。 地平線から現れた一匹のゾンビに狙われて、女とゾンビの追跡劇が始まる。 一方は逃げ、一方は追い、・・・
続きを読む
ゾンビパニックに陥った都市から逃れた末に、砂漠に独り取り残された女。 地平線から現れた一匹のゾンビに狙われて、女とゾンビの追跡劇が始まる。 一方は逃げ、一方は追い、互いに歩き続ける構図は淡々としながらも奇妙。そしてこのゾンビ映画は意外な方向へ。 嬉しい裏切りのある一品でした。
隠す
  
 
[019]ヴィーナス・トーク 〜官能の法則
 意外に佳作黒美君彦2017-12-13
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>ケーブルテレビ局でチーフプロデューサー、独身のチョン・シネ(オム・ジョンファ)、主婦のチョ・ミヨン(ムン・ソリ)、シングルマザーでベーカリーを経営するイ・・・
続きを読む
<あらすじ>ケーブルテレビ局でチーフプロデューサー、独身のチョン・シネ(オム・ジョンファ)、主婦のチョ・ミヨン(ムン・ソリ)、シングルマザーでベーカリーを経営するイ・ヘヨン(チョ・ミンス)は学生時代からの親友同士。シネは年下のディレクターと別れ、28歳の若手とつきあい始める。ミヨンは夫(イ・ソンミン)との週三回の性生活を自慢していたが、夫の浮気が発覚。ヘヨンは家具職人の恋人チェ・ソンジェ(イ・ギョンヨン)から結婚を申し込まれないまま、ある日結腸がんと診断され、手術することに。四十代半ばを過ぎた女性三人をめぐる愛と性の日々は…。 それぞれの性生活が赤裸々に描かれるので、若干怯むところもあるけれど、最早大女優と呼ばれてもいいムン・ソリやオム・ジョンファらが果敢に濡れ場に挑む姿勢には感動すら覚えてしまう。苦労して妻の誘惑に応える夫(イ・ソンミン)に挑むムン・ソリなんて単に好色なおばさんにしか見えない(笑)。 一方で28歳の若手PD(イ・ジェユン)と絡むオム・ジョンファは艶っぽい。局の編集室で一戦交え、人の声に慌てて隠れて照れ笑いするシーンなんて微笑ましくさえある。 実年齢では最年長のチョ・ミンス(撮影時48歳)は、結腸がんが見つかり、手術は成功したもののオストメイトを装着することとなる。恋人と再会し、求められるシーンのエピソードは現実の厳しさをまざまざと見せる。 この三人は極端ではあるけれど、互いに否定せず、認め合っているところが気持ちいい。 大人の女の友情がとても心地よいのだ。 男女の関係は性生活抜きでも成立すると思っているけれど、いつまでも若くいたいという思いは世の東西を問わない。熟年に差し掛かっても、悟りの境地にはほど遠いもんなんだよなあ。 タイトルは少々どぎついけれど、観終わって爽やかな気持ちになれる、大人のセクシャルストーリーでした。
隠す
  
 
[020]マルホランド・ドライブ
 ナオミの世界FFF2017-12-13
 
10数年ぶりに鑑賞。 はすっぱな女優ダイアンが夢見るなりたかった女優ベティ。 ブラックロッジの小人は彷徨える魂を探す。散々な目に遭う監督アダムの受難は現実か? エスプレ・・・
続きを読む
10数年ぶりに鑑賞。 はすっぱな女優ダイアンが夢見るなりたかった女優ベティ。 ブラックロッジの小人は彷徨える魂を探す。散々な目に遭う監督アダムの受難は現実か? エスプレッソにサイレンサーとギャグも冴えておりやっぱオモロいですな。
隠す
  
 
[021]溺れるナイフ
 揺蕩うHABBY2017-12-13
 【ネタバレ注意】
いかにも漫画の世界でありがちな恋愛話だが、小松菜奈&菅田将暉という旬な両名のイマを垣間見られるのが乙なところか。小松女史出演作品完全制覇に向けてまた一歩。菅田氏・・・
続きを読む
いかにも漫画の世界でありがちな恋愛話だが、小松菜奈&菅田将暉という旬な両名のイマを垣間見られるのが乙なところか。小松女史出演作品完全制覇に向けてまた一歩。菅田氏のファンは海外にも多い。この作品もツイ友に推薦しておこう。
隠す
  
 
[022]スターシップ・トゥルーパーズ2
 真剣勝負HABBY2017-12-13
 【ネタバレ注意】
第2作。質感は前作とほぼ同じ。大量の宇宙人に対抗する人間兵士の葛藤とかプライド、恋愛模様などを描く。監督は「スター・ウォーズ」シリーズの特撮をやってる方だったのか。・・・
続きを読む
第2作。質感は前作とほぼ同じ。大量の宇宙人に対抗する人間兵士の葛藤とかプライド、恋愛模様などを描く。監督は「スター・ウォーズ」シリーズの特撮をやってる方だったのか。どうりで宇宙空間や宇宙船のフォルムが似てると思った。
隠す
  
 
[023]メン・イン・キャット
 ネコダンスHABBY2017-12-13
 【ネタバレ注意】
なかなかコンパクトにまとまっていて、ネコ好きは特に楽しめる(我が家のネコたちは本作品を鑑賞中ずっとTVの前にかぶり付き)。原題はA cat has nine lives[猫に九生あり(な・・・
続きを読む
なかなかコンパクトにまとまっていて、ネコ好きは特に楽しめる(我が家のネコたちは本作品を鑑賞中ずっとTVの前にかぶり付き)。原題はA cat has nine lives[猫に九生あり(なかなか死なない)]という欧米圏のことわざに由来。ケヴィン・スペイシーは演技もナレーションもやっぱり上手。俳優人生干されないでほしい。。娘を演じたマリーナ・ワイスマンは『SUPERGIRL/スーパーガール (シーズン1)』にも出てたあの子。ネットフリックス配信のドラマ『レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと (シーズン1)』にも出演しており、俳優人生を本格的に送る可能性もありそう。容姿、演技力とも天性の華があり、クロエ・グレース・モレッツの小さい頃を想起させる。今後に注目。フランス・中国の合作という形態はなぜだろう。ググってみるかな。
隠す
  
 
[024]禁断のエチュード マルグリットとジュリアン
 林檎の実HABBY2017-12-12
 【ネタバレ注意】
実話。近親相姦という重いテーマ。恩赦が与えられてようやく斬首刑とは、実に厳しい。悲劇ではあるのだが、全体的にフランス映画にしかなし得ぬ美しさが立ち込めている。
  
 
[025]スティーブ・ジョブズ
 イヤな奴bond2017-12-12
 
楽屋ネタの連続で、舞台劇みたい。内容はつまんない。ジョブズって性根が賤しかったのね。だから高値だったのか。
  
 
[026]否定と肯定
 則るmototencho2017-12-12
 
根絶など不可能、知らん顔していても、しつこいホラ吹きはウィルスと同じで、何度も突然変異を繰り返しては現れる。“情に訴えず、法に則る”これが最適で、本作観賞の効用は、少・・・
続きを読む
根絶など不可能、知らん顔していても、しつこいホラ吹きはウィルスと同じで、何度も突然変異を繰り返しては現れる。“情に訴えず、法に則る”これが最適で、本作観賞の効用は、少なくとも憂いを払う備えになる。
隠す
  
 
[027]400デイズ
 中途半端nabeさん2017-12-12
 
ホラータッチの密室サスペンスである。 有人火星飛行に向けて400日の密室耐久テストに入るクルー4名が、その間に経験する出来事を時系列的に追って行く。しかし、当初は宇・・・
続きを読む
ホラータッチの密室サスペンスである。 有人火星飛行に向けて400日の密室耐久テストに入るクルー4名が、その間に経験する出来事を時系列的に追って行く。しかし、当初は宇宙船に見立てた地下室内でのミステリアスな事件だけだったが、終盤で全員が外に出てからは完全にホラー映画と化してしまい、何が何だか分からなくなってくるので混乱してしまう。また、結論を観客の創造に委ねるエンディングも明らかに失敗だろう。これでは単にシナリオが未完成だったとしか思えないし、中途半端感が強すぎるのだ。
隠す
  
 
[028]天使にラブ・ソングを…
 音楽に力は偉大なりローランド2017-12-12
 
  オープニング・クレジットの前にある、教師の言う犹氾未量樵阿鮓世┐訖有瓩豊爛献腑鵑縫檗璽襪縫献隋璽検ΑΑΑ,修譴縫螢鵐喚瓩辰禿える女の子がウーピー・ゴールドバーグの・・・
続きを読む
  オープニング・クレジットの前にある、教師の言う犹氾未量樵阿鮓世┐訖有瓩豊爛献腑鵑縫檗璽襪縫献隋璽検ΑΑΑ,修譴縫螢鵐喚瓩辰禿える女の子がウーピー・ゴールドバーグの幼いころの映像なのかなって思ったほどに似ていて、ロン・ハワード監督の 『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK』 にあったウーピーがお母さんからビートルズのコンサートチケットをプレゼントされたエピソードを思い出したりしたのだけど、本編に入ってからの物語には繋がってはいないようだしどういうことかな?って考えたら何のことはない、黒板にその名前を書かせてジョンにポールと聖書に由来する名前には微笑んでいた教師が最後の爛┘襯咼広瓩謀椶蟒个垢掘他にもアバズレたちやギャングまでもが神を畏れるというキリスト教の肯定を強調した物語ということでそれがアメリカで大ヒットした一因なのかもしれない。       人気のなかった聖歌隊が新たに黒人の指導者を得て上達するが、リズムを強調したゴスペルのノリのよさにその後日本はもとより世界中の人々を虜にするヒップホップミュージックの源泉を感じさせ、コメディーなりに物語としてはいい加減なところが多いが軽く屈託なく楽しめる作品になっている。  音楽の力は偉大なりです。       数分間の中に音楽と映像のエキスを凝縮したようなミュージックビデオに数時間の映画よりも価値を感じることが多いのだけど、良いものに人種は関係なし、黒に白に茶色に黄色が入り混じったとても楽しいのがありました。     https://www.youtube.com/watch?v=FALYmqt-7TQ&index=2&list=PLwfwYK9cFdRENpPnNTQ9y_dEakB7SI9OK
隠す
  
 
[029]チャップリンの独裁者
 笑いと言葉で戦ったちゃぷりん2017-12-12
 
チャップリンの最後の傑作。
  
 
[030]遥かなる我が子
 オリヴィアデハヴィランドルーテツ2017-12-12
 【ネタバレ注意】
お姫様をやっているうちに妹に先にオスカーを獲られてしまったオリヴィア・デ・ハヴィランド渾身の一作 老けメイクの母親役から、回想シーンの娘役(かわいい!)まで、メイクっ・・・
続きを読む
お姫様をやっているうちに妹に先にオスカーを獲られてしまったオリヴィア・デ・ハヴィランド渾身の一作 老けメイクの母親役から、回想シーンの娘役(かわいい!)まで、メイクってこんなに変わるものなのか…女は怖い もちろん見た目だけではなく、息子に対する愛情が狂気に変わってゆく演技も素晴らしい ストーリーはちょっと無理がある展開とも思えるが、オリヴィアの独り舞台を堪能する作品なので細かいことは良い 助演のジョン・ランドが二役を演じる 父親そっくりの息子というちょっとベタすぎる配役 ちなみに当サイトの彼の出演作品に『サーカス』や『街の灯』とあるが、誤りで同名の別人であろう
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION